ホーム>BNGブログ>どんなカラー剤が傷みにくいですか?
  • BNGについて
  • 店舗一覧
  • 知恵袋
  • スタイルギャラリー
  • お問い合わせ
株式会社BNG-ビーエヌジー-
  • BNGについて
  • 店舗一覧
  • 知恵袋
  • スタイルギャラリー
  • お問い合わせ
BNGブログ

どんなカラー剤が傷みにくいですか?

201611223557.jpg

2016112234158.gif

どんなカラー剤が傷みにくいですか?

2016112234250.gif

髪を自毛の明るさよりも明るくする場合、アルカリ剤が含まれている薬剤を使用します。髪を明るくすればするほど脱色作用が強くなります。「脱色」という作用は毛髪内部のタンパク質やメラニン色素を取り除くことなので髪への負担は大きくなります。低めの明度でカラーリングを楽しむ事が髪にとっては優しいでしょう。

一方、ヘアマニキュアは酸性染料と呼ばれるもので、特徴は髪の毛の表面に吸着することで染毛されます。アルカリ剤を含みませんのでダメージはありません。

しかし、脱色作用は一切ありませんので髪色を明るくする事ができません。

アルカリ剤を含まない酸化染毛剤もありますのでダメージレベルに応じて使い分ける事が良い方法です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bng-hair.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/689