ホーム>BNGブログ>2014年4月
  • BNGについて
  • 店舗一覧
  • 知恵袋
  • スタイルギャラリー
  • お問い合わせ
株式会社BNG-ビーエヌジー-
  • BNGについて
  • 店舗一覧
  • 知恵袋
  • スタイルギャラリー
  • お問い合わせ

2014年4月

ストレートパーマと縮毛矯正とはどう違うの?

何が違うの?
 
ストレートパーマと縮毛矯正。
どちらも髪の毛を真っすぐにすると云う点では、
同じもの・・・と思われがちですが髪の状態により
結果が違います。
値段の差もかなりありますよね。
この2つのメニュ―には、それぞれの特徴や違いがあります。
 
ストレートパーマは、
元々ストレートヘアの人がパーマをかけた後にストレートに戻したい人
くせ毛の人には、オススメ出来きません。
一度かけたパーマをストレートに戻したい場合は「ストレートパーマ」で十分
「ボリュームを抑えたい」「まっすぐ過ぎず、元のクセも活かしたい」という方にオススメ
 
縮毛矯正は、その名の通り、くせ毛を矯正するもの。
縮毛矯正をかけた部分は、半永久的にストレートですが、
新しく生えてきた部分に関しては、くせ毛のままなので、
目立ってくる度にかけ直さなければいけません。
 
2014419102948.JPEG
 
時間がかかり、髪が傷みやすいという点は一緒。
髪のケアはしっかりと!
寝る前には必ず乾かして寝る
 
施術後は、髪をしっかりと労わってあげるようにしてください。
 
パーマを掛けた後は少なからず頭皮や髪を傷つけていますので、
トリートメントなどのケアをしっかりと実践していきましょう。
 
BNGグループ各店では
縮毛やくせ毛をしっかり伸ばしながら、
しなやかで丸みのあるストレートヘアを実現する
シェレミエ ストレートを採用しています。
 
早めに各店スタッフにご相談下さい。

今年も新しいメンバーが加わりました

新年度&増税がスタートして早3週間が過ぎました。

今年も2人の新しいメンバーが入社して来ました。

少しずつ慣れてきましたかね?

今はサロン内のトレーニングと社外のトレーニングを併用して

一日も早くお客様に接することができるように頑張っています。

201441994546.jpg

只今、シャンプーのトレーニングをスタート致しました。

5月の連休明けが2人のデビューでしょうか?

デビュー致しましたら、是非応援して下さい。

BNG創設会長よりご挨拶m(_ _)m

皆様こんにちは

4月に入り新しい環境で緊張の毎日を過ごされている方

毎日ワクワクした日々を過ごされている方、さまざまかと思います。

今回は弊社創設会長の塩野より

創業当時の話、会社や美容に対する思いをお伝えします。

<25歳の時、美容の世界で生きて行こうと決心しました>
 
201445212852.jpg
 
Q:まず初めに創業までのお話を聞かせていただけますか?
 
〈塩野〉
美容師になろうとしたきっかけは、先輩から、「美容師に向いてるんじゃないの!」と、言われたことなんです。
私は群馬県の出身なんですが、若い時分には地元に男の美容師志望する人なんかほとんどいなかったので、
自分の発想にはなかったですね。
でも、その言葉が妙に気になって、早く親元から離れたいということもあって、東京に出てきたんです。
 
Q:それで東京の専門学校に行かれたんですか?
 
〈塩野〉
見習いで美容室に入ったので、通信で2年間勉強しました。
それで都心の方に来て、巣鴨の先生について一人前になるまで面倒を見てもらいました。
それから四谷の美容室に入って、その後に独立したんです。だから9年間ですかね、
田舎から出てきて9年目に自分の美容室を持ったんですよ。
 
Q:初めから独立したいという思いはあったのですか?
 
〈塩野〉
初めはそういう考えは一切なかったですね。
そう思うようになったのは自分にある程度自信がついた25の時からです。
自分はこの業界で生きていこうと。
 
Q:きっかけはあったんですか?
 
〈塩野〉
いくつかあったんですよ。
ロレアルの部長さんの話から影響を受けたこともありますし、
営業の方がジョセフ・マーフィーという人の本を紹介してくれて、
その中で、自分はこういうことをやろう、こういう風になりたいと思ったら、
それは全て実現出来るのだという事を学んで、感銘を受けたのがきっかけです。
 
Q:一店舗目はどこに出されたのですか?
 
〈塩野〉
国立駅の北口、駅から歩いて2、3分の所です。
その当時8万いくらしかもらってなかったんですが、2年間で100万貯めました。それが資金です。
あとは母親も援助してくれました。援助がなければ全く無理だったでしょうね。
結構のんびり屋だから、大変な思いをしたっていう記憶はほとんどないんですよね。
しいて言えば、保証人探しが大変でしたね。保証人がいないとお金貸してくれないでしょ? 
これはいい経験をしましたね。
 
Q:始められてからお客様がつくまで苦労されたりはしなかったんですか?
 
〈塩野〉
セット面が8面あったんですが、それを一人で始めたんです。
だから同時に二人のお客様に来ていただいても、一人の方は凄く待たせてしまいました。
売上は月に70万円くらいでしたよ。客単価は5000円くらいかな。
借金返して、材料代・家賃ですっかりなくなっていました。
 
Q:そこからどのようにして伸ばされていったのですか?
 
〈塩野〉
姉に手伝ってもらったり、前に一緒にやってた女性が田舎に帰るって言うのを、
それじゃ一緒にやろうよって一緒にやり始めたりで、スタッフもだんだん増えていって、それからですね。
 
 
 <誰かが国立に美容室を出すのであれば、自分が出したいと思ったんです>
 
201445212955.jpg
 
Q:店舗展開していこうという構想はあったんですか?
 
〈塩野〉
利益もあがって、結構蓄えもできた時に、じゃあもう1店出そうかという発想で、
気が付けば今の店舗数になっていました。
だから将来的に何店舗とかそういうのはなかったんですよ。
ただ、国立に誰かが美容室を増やすのであれば、それは自分がしたいという思いはありましたね。
 
Q:今はFC展開は考えていらっしゃらないのですか?
 
〈塩野〉
そうですね。これからは1人1人のポテンシャルを高めていくために
FC展開もやっていかなくてはいけないのかなと考えているのですが、今は全部直営です。
 
Q:お店のブランド名を店舗様によってそれぞれ変えられているのですが、なぜですか?
 
〈塩野〉
たとえば国立の狭い範囲の中で、名前が同じっていうのはこちら側にはメリットがあるんですけど、
お客様側から見たら色んな個性の美容室があって、その中から自分に合うものが選べた方が嬉しいかなって思ったんです。
それに、もしそのブランドの美容室が合わなければ、「隣の違うブランドの美容室にしよう」という発想になりやすいですからね。
同じ名前で同じ個性だったら、気に入って頂けなかったらそれで終わりになってしまう、それは残念なことですからね。
 
Q:各店舗に共通してる事はなんですか?
 
〈塩野〉
髪と肌に優しいというのが一番です。
カットの仕方でも、こういう方法でやったら傷むとか、こういう方法でやれば髪にとって負担がないとか。
シャンプーなどもうちのブランドで作っているんですが、髪・肌・環境にも優しいというのがコンセプトになっています。
 
Q:運営されている美容室の良いところはどこですか?
 
〈塩野〉
良く言えば優しいんだけど、悪く言うとお人よしかな。
結構私がのんびりしてるから、そういう人が集まってくるのかな。
居心地の良さはあると思いますよ。
 
Q:今後美容室をどのようにしていきたいですか?
 
〈塩野〉
ずっとこの仕事を長くやっていきたいという人が長く続けられる環境を作ってあげなければと考えています。
たとえば、介護施設などで50代60代なったときでも働けるようなルートを作りたいなって思っているんです。
もう一つは大型店っていうのは得意な方じゃないから、
5~6人規模のお店を大型モールではなく、一般のスーパー内に出していきたいという構想があります。
スーパーって主に地元の主婦の方が集まりますよね。
だから、気軽さがあれば、来たついでになんていう利便性があると思うんですよね。
 
<髪は命と言えるほどのものだと思います>
 
Q:最後に是非これは伝えたいということはありますか?
 
〈塩野〉
「髪は命」という事です。
なぜ髪が命と言われてきたかというと、
女性が髪を切るということは、女性を辞めることを意味したりと、強い決心が必要な事なんだと思います。
朝起きて髪が自分の思うようにまとまったら、その日は気分がいいですよね。
逆だったらどうですか?一日中気になりますよね。
そしてその気持ちは周りの人にも伝わると思うんですよ。
それくらい髪って影響力のあるものだと思うんです。
いつも髪を綺麗に心がけてる人とそうでない人とでは、天国と地獄くらいの差があるんじゃないかなと思っています。
心理的に本人に与える影響も大きいと思います。
女性にとって髪は生命の次に大事な存在と言っても過言ではないのでしょうか。
そんな大切な物を私達は扱わせてもらっているわけだから、
そこは凄く大事にしないといけないという思いから、「髪は命」という言葉が生まれたんです。